結婚指輪を決めるコツって!

結婚指輪の選び方の基本中の基本


結婚指輪とは、基本的に一生身に着けておくもの。身に着けていなくても、少なくとも、手元にずっと置いておく特別な指輪であることには間違いありません。後悔しないように念入りにしっかりと選びましょう。 結婚指輪は、常に身に着ける前提で作られているものなので、基本的にはシンプルなデザインが多く、家事や仕事などの邪魔にならないようなデザインになっています。結婚指輪として作られているものではないシンプルなデザインの指輪でも構いませんが、いずれにせよ、実際に指にはめてみて、違和感がない、多少ぶつけたくらいでは石が取れたりしない、隙間にホコリなどが入ったりしにくいデザインであることを確認しましょう。 また、どんな服装にでも似合う、冠婚葬祭のどんな状況にでも問題なく使用できるデザインであることも大事です。



満足のいく結婚指輪の選び方は?


結婚指輪は自分が気に入ったものを選ぶのが一番ですが、カタログなどでデザインを見ただけで決めてしまうのはちょっと待ってください。 結婚指輪はもちろんのこと、アクセサリーは自分に似合うもの、似合わないものがあるのです。指輪の場合は、手や指の形やその人の持っている雰囲気に合うかどうかも選ぶときの大事なポイントになります。 また、絶対にこのタイプがいい!と決めて同じようなパターンばかりの指輪を探したり、無難なデザインのものばかりを候補に挙げたりしている方も、たまには方向性を変えてみるのもいいかもしれません。最近は様々なブランドから、個性的な結婚指輪が多く出ていますが、指にはめてみると自分が思っていた以上に似合ったりするものなのです。 とにかくたくさんのパターンの指輪を、恐れずに数多く見て、試着して、「これだ!」と自信の持てるものを選んでください。